子どもの自主性を引き出すには?@長久手市イベント

子どもの自主性を引き出すには?@長久手市イベント

子育て世代の皆さんとつながる中で、より子育てしやすいまちづくりに貢献したいという思いからスタートしたCOE LOGの活動。長久手市長をはじめ識者の方へインタビューをしたり、子育て世帯を訪問して生の声を取材したりするなど、リアルな子育ての実態を探る活動を続けてきました。
その中で浮き彫りになってきた課題の一つが「子どもの自主性」。子どもの「これがやりたい!」を引き出すために、親として何ができるだろう、という思いから、長久手市と長久手市のNPO法人ながいくの協力のもと、長久手市文化の家を会場に「子どもの自主性」について考えるイベントを実施しました。今回はその様子をレポートします。

子どもの自主性について学ぶ講演会&共に考え、シェアするワークショップを実施

未来を生きる子どもの自主性を引き出すために、大人ができることとは? その道標を探る講演会とワークショップを開催しました。

「自分でやる子」を育むコミュニケーションとは?湯川カナさん講演

なぜ今、子どもの自主性が必要とされるのか?

イベント第1部ではふたりの専門家を招いて講演会を開催し、子どもの自主性とは何か、どう引き出せばよいのかなどをお話ししていただきました。
1人目の登壇者は湯川カナさん。

小学校6年生の娘さんを子育て中の湯川さん小学校6年生の娘さんを子育て中の湯川さん

一般社団法人リベルタ学舎代表理事で兵庫県広報官 。早稲田大学在学中に学生起業に参加し、Yahoo! JAPANの創設メンバーに。その後、数億円分のストックオプションを返上してスペインに移住。10年後に帰国して女性や若者の社会参画や起業を支援するリベルタ学舎を設立されました。

湯川さんはまず、「なぜ今、自主性が必要とされるのか」という観点から解説。2007年生まれの子どもの半数以上が107歳まで生きる時代になるという推計データと、倒産企業の平均寿命が23.2年であるというデータを比較し、たとえ企業や組織の後ろ盾がなくなっても仕事ができる、生きていける人になる必要があると訴えました。

その上で「AIが進化する時代では、テクニックや判断といった、機械の方が早く確実にできることを生業にしていては、人間は職を失ってしまいます。変化の激しいこれからの時代を生き抜くために人間がやるべきことは、自分自身の『主』として、意思決定することです」と語りました。

子どもの存在自体を認めよう

また、スペインでの子育て経験を踏まえつつ、スペインと日本の価値観の違いにも触れました。「これから100年生き抜く子どもを育てるには『DO』を褒めずに、『BE』を認めることが大切です。「○○ができて偉いね!」などと言って褒めるというのは、実は保護者自身や、やがて過去のものとなる現代の価値判断を押し付けることになります。第三者に認められるよりも自分自身を肯定できることが大事。そのためには『早く、ちゃんと』『できたこと』を褒めるのではなく、『存在自体』や『あり方』を認めることが重要です」と、会場に集まった保護者に向けて熱く語りかけました。

「第三者に認められることよりも自分自身を肯定できることが大事」と話す湯川さん「第三者に認められることよりも自分自身を肯定できることが大事」と話す湯川さん

講演の最後には「見たいと思う世界の変化にあなた自身がなりなさい」というマハトマ・ガンディーの言葉を引用。子どもの自主性を育むためには、まず保護者自身が自主性を持って生き生きとした人間になり、その背中を見せることが大切であるとメッセージを送りました。

子どもの自主性を引き出す方法とは?金子遥洵さん講演

遊びがゴールで学びが手段となるやりとりを

2人目の登壇者は金子遥洵(ようじゅん)さん。

2009年以来、東京都付近で子どものやる気を引き出すためのワークショップを実施する金子さん2009年以来、東京都付近で子どものやる気を引き出すためのワークショップを実施する金子さん

特定非営利活動法人Motivation Maker代表理事。東京大学大学院在学中にMotivation Makerの活動に加わり、2014年6月代表理事に就任。おもに小学生向けのワークショップの企画や運営を手がけています。

金子さんは、「子ども自身が自分の好きなことをわかっていて、周りの人もそれに気づいている状態が理想です。そのためには、子どもがやりたいと思うことを口に出して話せる環境をつくってほしい」と呼びかけました。そうすることで「大人としては、会話を通して子どもの興味を広げたり深めたりするきっかけをつくることができますし、子どもとしては、自分の話を聴いてもらえるのだという安心感が生まれます。『やりたい!』を発言できる環境があれば、子どもが興味の芽を抑えてしまうことはなくなるはずです」と解説しました。

子どもの自主性を引き出す4つのアイデア

また自主性を引き出す方法として、4つのアイデアを提示しました。

  • 大人が自分の好きなものを大切にする
  • 保護者自身が「すごい」と思うものを子どもと一緒に見る
  • 興味を引き出して深める問いかけをする
  • 大人の期待を先読みさせない工夫をする

中でも、興味の引き出し方についての例として、単に漢字の勉強を強いるのではなく、かるた形式のカードゲームをするという遊びの要素を目的に掲げたという実例を紹介。子どもはかるたをやるために、漢字を調べたり、大人に聞いたりしながら漢字を使ってカードを自作したそうです。「自主性を引き出すには、遊びがゴールで、学びが手段。学びが手段となるようなやりとりが大事です」と語りかけました。

「ゲームの要素を取り入れる工夫も効果的」と金子さん「ゲームの要素を取り入れる工夫も効果的」と金子さん

2人の講演の最後は、会場に集まった保護者からの質問タイム。

Q.子どもが苦手な教科は、強要しない方が良い?

湯川
やりたいことや目的があって、そのために必要なことならするようになる。子ども自身が必要性に気づくことが大切
金子
例えば地学や物理が苦手なら、科目名ではなく、宇宙とかロボットなど、子どもが関心を抱きそうな言葉に置き換えると興味を引き出しやすいのでは

Q.習い事を辞めたいという子どもの意思を、どの程度尊重するべき?

湯川
辞めたいのに続けてもいつか嫌いになってしまう。なぜ辞めたいのかを、まずはきちんと聴くところから始めては
湯川
一生続けると思うと辛くなるので、2年間など期間を区切ってみると良いかもしれません

参加者と活発な意見交換がおこなわれました参加者と活発な意見交換がおこなわれました

関連記事

皆さまからの声を募集しています

COE LOGは中部地方の皆さまと中部電力をつなぎます。
未来の私たちの暮らし、みんなで考えていきたいこと、どんどんご意見をお聴かせ下さい。

感想・声を送る