小学生の英語教育が変わる!家庭学習や英語塾はどうする?

小学生の英語教育が変わる!家庭学習や英語塾はどうする?

投稿日
更新日

小学生の英語教育の始まりは、2020年度より5年生から3年生に引き下げられました。グローバル社会に対応していくため、新学習指導要領の導入によって、学校の英語教育が大きく変わろうとしています。未就学の子どものママ・小学生の子どものママにとっても「英語教育」の関心は高まっているのでは?子どもが英語に興味を持つ家庭環境づくりや、英語塾の選び方はどうしたらよいでしょうか?今回は、子どもの英語教育に役立つヒントをご紹介します。

小学生の英語教育が変わる

以前まで小学校における英語教育のスタートは、5年生でした。これが2020年度から3年生に前倒しに。小学3・4年生の「外国語活動」で英語に慣れ親しみ、小学5・6年生で教科として英語を学ぶようになります。

これまでの日本の英語教育では、「読み・書き」が重視されており、英語を話すのには向いていませんでした。これからの英語教育は、暗記型から「コミュニケーション英語」へ。「Listening(聞く)」「Speaking(話す)」「Reading(読む)」「Writing(書く)」の4技能をバランスよく身につけることが求められます。

自宅で英語を学べる環境を

今回の英語教育改革によって、小学生の英語教育をどうすればよいか考えている家庭も少なくないでしょう。自宅で英語の絵本の読み聞かせや、デジタル教材の活用など、子どもには楽しみながら英語を学んでほしいというママの声も。英語上達の近道は、生活の一部に英語を取り入れて、英語を身近にすることです。ここでは、英語教育に役立つ家庭環境づくりを見ていきましょう。

洋書の絵本を揃える!

英語の絵本が家にあると、英語に興味を持ちやすくなります。絵本をながめることで、絵と言葉が結びついて、自然とボキャブラリーが増えていく可能性も。洋書の絵本には、音声CDやデータが付いているものも多数。音声を利用して、ネイティブの発音で物語を楽しめるのがよいですね。

子どもが好きなアニメを英語音声で見る!

小学生の子どもは慣れ親しんだキャラクターに、強い関心を持ちます。テレビに好きなキャラクターが登場した途端、画面に釘付けになっている子どもの姿を見ることも多いですよね。子ども向けアニメは、大人の英語の学び直しにもおすすめ。アニメではシンプルな言い回しが使われていて、ストーリーがつかみやすく、英語初心者でも理解しやすいもの。子どもと一緒にアニメを英語音声で見て、英語のフレーズを口ずさむのもよいですね。

YouTubeや動画配信サービスを活用!

YouTubeや動画配信サイトの子ども向け英語番組を活用して、「Listening(聞く)」に慣れることができます

日本人が英語を聞き取れないのは、日本語と英語の周波数(空気中を音が伝わる振動数)が違うことも原因のひとつ。母国語である日本語を優先して聞いてしまうのは当然です。ですが、9歳くらいまでにネイティブ英語に触れておくと、日本にいながら英語耳(英語を聞き取る力)を鍛えることは可能だそう。YouTubeや動画配信サイトの子ども向け英語番組を活用して、「Listening(聞く)」に慣れることができます。

オンライン英会話で英語をアウトプット!

「Speaking(話す)」を伸ばすのに、オンライン英会話を活用しているというママも。オンライン英会話は、ステイホーム中でも気兼ねなく利用できます。オンライン英会話の外国人講師は子ども好きでコミュニケーション力が高く、褒め上手な人がたくさん。双方向のコミュニケーションを楽しみながら、英会話スキルを高めていけますよ。

英語に苦手意識があるママも、心配しなくて大丈夫。絵本やアニメなど便利なツールで工夫をすれば、小学生の子どもは自然と興味を持ちます。子どもが英語に触れあう家庭環境を作っていきましょう。

英会話教室・英語塾はどう選ぶ?

ネイティブ英語に慣れるには、外国人講師の表情も含めて発音を真似すること

ネイティブ英語に慣れるには、外国人講師の表情も含めて発音を真似することが大切。英会話教室や英語塾は、英語を母国語とする講師のクラスが理想的でしょう。子どもの習得度にもよりますが、コミュニケーション面では、個人よりも同世代の子どもたちと学べる集団レッスンがおすすめ。英語が上手な友達の発音を真似することでも、子ども達は英語を学んでいけます。

英語に触れる環境づくりは家庭や集団レッスンでもできますが、中学英語を見すえて英語を学ぶなら、英会話教室や英語塾も検討に入れて。「Reading(読む)」「Writing(書く)」を強化するには、日本人講師から英文法を基礎から教えてもらうのがよいでしょう。

英会話教室や英語塾は、「英会話スキルを伸ばしたいのか?」「文法力を身につけたいのか?」など、目的に合ったクラスを選びます。ネイティブ講師・日本人講師の有無はもちろん、子どもを飽きさせないような工夫があるかなどをクラス選びの基準にします。

小学生の子どもをもつ家庭では、学校現場での英語教育の変化に、不安も多いと思います。また、日本語の習得が中途半端になるのを心配するケースもあるでしょう。英語教育の取り入れ方も考え方も家庭によってさまざま。英語を学ぶことで、日本語の理解が深まるという考え方もあります。
いずれにしても、小さな頃から英語に触れる機会があれば、将来英語を本格的に学ぶ時にも抵抗を減らせるでしょう。これを機にママも一緒に英語に興味を持って、子どもと一緒に楽しんでみるのもよいかもしれません。

最新の教育情報を知るには?

変化する環境の中で、大切なのは最新の教育情報を正しく把握しておくこと

小学生の子どもをもつママにとって、現在の教育事情は昔と比べて変わっています。それは、英語教育に限ったことではありません。変化する環境の中で、大切なのは最新の教育情報を正しく把握しておくこと。そんな学びの最新情報を配信するのが「きずなネット」の「学びチャンネル」です。

学びチャンネルでは

自宅で学べる無料動画・無料教材の情報
新たな学校教育についての情報
新たな入試についての情報
その他、学びに関するさまざまな情報
を配信しています。

きずなネットとは?

お子さまの学習や、進路に役立つ情報はもちろん、地域の防犯・災害情報など、ほしい情報を選んで受信。中部電力が運営する無料のスマートフォンアプリです。すでに50万人以上の方が利用しています。

「きずなネット」アプリでできること

きずなネットの無料アプリ
無料で使えるきずなネットアプリでは連絡網の他にも、防犯・防災・お天気・地震・津波の情報や、子育て・学び・進路についての情報も受け取ることができます。

すでに、きずなネットを登録している人は、チャンネル登録から簡単に追加ができますよ。

きずなネットアプリ チャンネル登録の方法

きずなネットアプリ チャンネル登録の方法
「きずなネット」では、さまざまなチャンネルで情報を配信しています。

学びチャンネル
進路サポートチャンネル
子育てチャンネル
防犯不審者情報
防災情報
お天気情報
地震・津波情報
停電情報   …など

毎日の忙しい生活の中で、周囲にあふれる膨大な情報。その情報の中から本当に必要な情報・正しい情報を選ぶことが求められています。
そんなときに活用してほしいのが、「きずなネット」アプリの情報チャンネル。便利なツールを上手に活用し、毎日の暮らしに安心をプラスしてくださいね。

文:林日向子

この記事が役に立った方はボタンクリックお願いします!
役に立った 6
ご感想ありがとうございます!
一言ボックス
記事のご感想や編集部へのご意見などをお送りください。
※ご返信が必要な場合は「声・感想を送る」よりお問合せください。
ご意見・ご感想ありがとうございます!
記事を共有する
COE LOG

関連記事

皆さまからの声を募集しています

COE LOGは中部地方の皆さまと中部電力をつなぎます。
未来の私たちの暮らし、みんなで考えていきたいこと、どんどんご意見をお聴かせ下さい。

感想・声を送る