ママも知るべきポイント!「新学習指導要領」でどう変わる?

ママも知るべきポイント!「新学習指導要領」でどう変わる?

投稿日
更新日

「学習指導要領」というのを聞いたことはありますか?これは、文部科学省が定める学校のカリキュラムの目安で、約10年ごとに見直しされています。学習指導要領の方針を受けて、教科書や授業の内容も変わります。20年ほど前に「円周率3」が話題になったのを、覚えているかもしれませんが、これもその方針変更によるもの。この先10年の学びのスタンダードを作っていくともいえる新学習指導要領の導入は、子どもたちの学びに大きな影響を与えます。改定の節目の年となる2020年度~2021年度にどうなるのか?ママも知っておきたい変更ポイントをご紹介します。

いつから始まる?変更の目的は?

新学習指導要領は、2018年からの移行期間のあと、小学校では2020年度、中学校では2021年度から実施されます。新学習指導要領では「知識の習得」だけではなく、「未来を生き抜く力」に重きを置かれています。なぜならば、情報化・インターネット化が加速して、社会が大きく動いているから。目まぐるしい変化の中で、子どもたちが生きていく力の育成を目的に、新学習指導要領が導入されることになりました。

新しい学びで学校はどう変わる?

新学習指導要領の大きなテーマは、3つ

新学習指導要領の大きなテーマは、3つです。

  • 主体的な学び
  • 対話的な学び
  • 深い学び

これまでの学校現場では、先生が生徒の前に立ち、生徒はノートに書く…という「一斉授業」が行われていました。
しかし、新学習指導要領では「どのように学ぶか」を重視。生徒が主体的に取り組む「アクティブ・ラーニング」の授業スタイルへと変更されます。クラスの中で仲間と話し合いながら、どのように考え、判断していくか…。暗記や問題を解くスピードを求めるのではなく、より良い答えをみんなで考える授業スタイルへ変わります。

もう1つのテーマとなるのは、学校での学びを子どもたちの未来に活かすこと。知識として「何を知っているか?」だけでなく、学んだことを土台にして、「何ができるようになるか?」という目線を重視します。
これからの授業では、生徒は知っている知識を組み合わせて答えを出したり、インターネットで必要な情報を集めたり…。受け身ではなく生徒自身で考えて、発表する機会も増加。授業で得た力を、将来も役立てることが目的です。下記では新学習指導要領によって、教科がどう変わるか見ていきます。

小学校教育はどう変わる?(一例)

「英語」の強化

英語に慣れ親しむため、小学校3・4年で「外国語活動」を導入。英語学習のスタート時期が、これまでの小学校5年から前倒しされました。
小学校5・6年からは、教科としての「外国語(英語)」が導入されて、授業時間が増加。正式な教科になります。小学校3年~6年で600~700単語程度の習得と、基本的な英文法を習得。これまでの中学1年生で学ぶ内容を、小学生から学びます。

「プログラミング教育」が必修化

文字入力や基本操作を学習。算数や理科などの授業で、プログラミングに触れます。プログラミングを体験しながら、「論理的に考える思考」の育成を目指します。

ログラミングを体験しながら、「論理的に考える思考」の育成を目指します

「道徳」を特別教科化

地域によってばらつきがあった道徳ですが、教科書をつくり、教科化されることになりました。年間34~35時間の履修時間も設定されます。ただし数値的な評価の対象にはならない方針です。

「国語」を強化

国語では「語彙力を伸ばす」「伝統や文化」に重点が。学習のベースとして、自分が考えていることを伝えるために、言語学習の必要性が注目されています。整理して文を書く力も重要視されます。

「社会」を強化

これまで社会は暗記科目のイメージがあったかと思います。ですが、インターネットで簡単に調べられるようになった今、社会の授業は様変わり。授業では、「なぜ、その出来事が起こったのか?」など歴史事実を用いて、生徒に考えさせる授業スタイルが導入されます。

中学校教育はどう変わる?(一例)

「新学習指導要領」で中学校教育はどう変わる?

「使える英語」の習得

現状より、授業時間が増加。「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能にバランスを置いた授業へ。英語でコミュニケーションできる力の習得を育みます。
特に中学1年生の教科書は小学校英語の基本単語が増えたことにより、難しく感じるかもしれません。これまでは中学校での基本単語は1200語でしたが、新学習指導要領では1600~1800語へと増加。高校で学んでいた英文法の一部を、中学校で学ぶようになります。

「プログラミング教育」の充実

技術や家庭科の時間でプログラミングを実施。使い方を学ぶだけではなく、ネットワークやプログラミングによって「問題をどう解決するか?」という思考力を高めます。

「道徳」を特別教科化

中学校でも、教科書をつくり、教科化されることになりました。年間35時間の履修時間が設定されますが、こちらも数値的な評価の対象にはならない方針です。

変化にどう対応していくべき?

ママ世代の教育事情と現代の教育事情は少しずつ変わっています

ママ世代の教育事情と現代の教育事情は少しずつ変わっています。もちろんママが子どもに教える必要はないですが、大切なのは、まず情報を「知ること」。
そんな学びの最新情報を配信するのが「きずなネット」の「学びチャンネル」です。
学びチャンネルでは

  • 自宅で学べる無料動画・ツール情報
  • 新たな学校教育についての情報
  • 新たな入試についての情報
  • その他、学びに関するさまざまな情報

を配信しています。

きずなネットとは?

「きずなネット」は 毎日のくらしに 「安心」をプラスする無料のスマートフォンアプリ。中部電力が運営し、すでに50万人以上の方に使われています。

「きずなネット」アプリでできること

「きずなネット」では欲しい情報を選んでアプリで受信。すでに、きずなネットを登録している人は、チャンネル登録から簡単に追加ができますよ。

きずなネットアプリ チャンネル登録の方法

「きずなネット」では、さまざまなチャンネルで情報を配信しています。

  • 学びチャンネル
  • 進路サポートチャンネル
  • 子育てチャンネル
  • 防犯不審者情報
  • 防災情報
  • お天気情報
  • 地震・津波情報
  • 停電情報   …など

最後に

ネット化が進んだことで、情報があふれる時代になりました。限られた時間に、膨大な情報の中から自分にとって本当に必要な情報を選びとることが必要になります。
そんなとき、毎日の暮らしに安心をプラスする「きずなネット」アプリの情報チャンネルを上手に活用してくださいね。

出典:文部科学省「新しい学習指導要領」

文:林日向子

この記事が役に立った方はボタンクリックお願いします!
役に立った 9
ご感想ありがとうございます!
一言ボックス
記事のご感想や編集部へのご意見などをお送りください。
※ご返信が必要な場合は「声・感想を送る」よりお問合せください。
ご意見・ご感想ありがとうございます!

毎日の暮らしに寄り添う情報を選んで通知しませんか?
「きずなネットアプリ」では、お天気・防犯などの地域情報、子どもたちの学びや進路、子育てに役立つ情報を配信しています。

きずなネットの無料アプリ
記事を共有する
COE LOG

関連記事

皆さまからの声を募集しています

COE LOGは中部地方の皆さまと中部電力をつなぎます。
未来の私たちの暮らし、みんなで考えていきたいこと、どんどんご意見をお聴かせ下さい。

感想・声を送る