2020年度、小学校でプログラミング教育が始まるとどうなる?

2020年度、小学校でプログラミング教育が始まるとどうなる?

投稿日
更新日

今年度、小学校でいよいよ必修化となるプログラミング教育。「どうして、プログラミング?」「いったい何がおこなわれるの?」「新しくパソコン買わないといけない?」「子どもに聞かれても教えてあげられないのでは?」など。さまざまな疑問、不安、モヤモヤがあるのではないでしょうか。今回は、これから小学校で始まるプログラミング教育の内容について、分かりやすく解説していきます。

「プログラミング」ってそもそも何?

「プログラミング」といわれると、どのようなイメージでしょうか?

小学校で必修となるプログラミング教育、そもそもプログラミングとは??

黒い画面に、よく分からない文字がいっぱい…もちろん、これも間違いではありません。でも、プログラミングは私たちの生活においてもっと身近なものです。

プログラミング=プログラム+ING

プログラム(手順・計画・予定)をつくることを指します。いつもの生活で、私たちも「プログラミング」をしています。例えば…

「やることの手順」がプログラミング!

料理をする、旅行にいく、計画をたてるなど。私たちは何かをやるときに手順を紙に書いてつくったり、頭の中で組み立てたりしますよね。簡単にいうと「やることの手順」みたいなものが、プログラミングです。

プログラミング=やることの手順

人間だったら言葉で説明をしますが、コンピュータは人間の言葉を理解できません。そのため「プログラミング言語」を使って指示を出します。

プログラミング=コンピュータに指示を出すこと

いつも使う洗濯機や掃除機、テレビ、パソコン、スマートフォンなども、どんな操作をしたら、どのように動く…と「プログラミング言語」で指示を出されています。

小学校でプログラミング教育が導入される2つの理由

これまでは小学校で学ぶことのなかったプログラミング教育。いったい、なぜ導入されるようになったのでしょうか。そこには大きく2つの理由があります。

  1. プログラミング的思考を育む
    • 論理的な思考力、判断力、表現力などを身につける
    • 身近な生活でコンピュータが活用されていることや、問題の解決には必要な手順があることに気づく
    • コンピュータの働きを、よりよい人生や社会づくりに生かそうとする態度
  2. 各教科等の内容を指導する中で実施する場合には、 教科等での学びをより確実なものとする


出典:文部科学省「小学校プログラミング教育の手引」より

近年、パソコンやスマートフォンを使う人は急速に増えていますが、「プログラミング」をする人はそれほど多くはありません。IT人材の不足を受けて、総務省や経済産業省がプログラミングの必修化を後押ししていたことも、もうひとつの理由です。

これからの時代、IT機器の使用は、今まで以上に広がっていくことが予想されます。単に道具として受け身で使うのではなく、そのしくみを知り、主体的に活用すること。将来どのような暮らし、仕事をするにしても、ITの正しい知識と使い方を知ることが重要であると考えられています。

IT先進国のイスラエル、2000年から高校の必修科目になっていた

日本の小学校での必修化は2020年度からですが、世界に目を向けるとすでに多くの国がプログラミング教育を導入しています。イギリス、イスラエル、エストニア、韓国、中国など。特にIT先進国のイスラエルでは、2000年には高校の必修科目になっており、小学校はもちろん、幼稚園から触れさせているところもあるそう。

日本での導入も、世界や時代の動きを考えると、自然の流れともいえるかもしれません。

小学校のプログラミング教育では何を学ぶ?

まず前提として、プログラミングの理解が成績に直接影響することはありません。そして、「プログラミング」という新しい教科が増えるわけでもありません。では、具体的にどのようなことを学ぶのか、学習指導要領(※注)に例示されているものをご紹介します。

●5年生の算数では…

「図形」のところで登場。
正多角形を書く手順で、プログラミングが扱われています。プログラムを使って正多角形の作図をおこなうことで、図形の性質をより確実に学び、理解することを目指しています。

●6年生の理科では…

「物質・エネルギー」における「電気」のところで登場。
センサーやLEDを使って、人がいるときだけ明かりがつく装置をつくる時に、プログラムを作成します。これは、与えた条件に応じて動作していること。さらに、条件を変えることにより動作が変化することを学ぶためです。

●総合的な学習の時間では…

「情報に関する探求的な学習」と位置づけられています。
プログラミング体験を通して

  • プログラムのしくみを知ること
  • プログラムで働くものと、自分たちの生活との関わりについて探究すること

を目指します。

これ以外にも、学習指導要領に出ていない内容を、各教科の中でおこなうこともあります。そして、プログラミング的、論理的な思考力を身に付けることが強調されていますが、実際の授業に堅苦しいものはありません。電子ブロックやロボットキットなどを教材として、ゲームや遊びに近い感覚で学ぶものが多くなりそうです。

ゲームや遊びに近い感覚でプログラミングを学ぶ

最後に

2020年度からの新しい取り組みであることから、教育環境や、教員の知識なども課題としてあげられています。しかし、新しい学びなので、子どもによってはプログラミングをきっかけにさまざまなことに興味・関心をもつことも考えられるでしょう。
家庭で新しくパソコンを購入するなど、特に準備するべきものはありません。もし、お子さんが興味を持つようなら、プログラミング教室に通わせてあげてもよいかもしれないですね。スマートフォンの無料アプリで、プログラミングを楽しめるものなど出ています。
せっかくなので、親子でプログラミングを学び、知る時間を作られてみてはいかがでしょうか。

詳しい事例はこちらへ
文部科学省『小学校を中心としたプログラミングポータル』

参考:
文部科学省『小学校プログラミング教育の手引』
バレッドプレス『2020年「プログラミング教育」の必修化で何が変わるのか?』

※学習指導要領とは:
全国のどの地域で教育を受けても、一定の水準の教育を受けられるようにするためのもの。文部科学省では、学校教育法等に基づき各学校で教育課程(カリキュラム)を編成する際の基準を定めています。

文:三輪田理恵

関連記事

皆さまからの声を募集しています

COE LOGは中部地方の皆さまと中部電力をつなぎます。
未来の私たちの暮らし、みんなで考えていきたいこと、どんどんご意見をお聴かせ下さい。

感想・声を送る