わが子がスマホ依存にならぬよう絶対に実行すべき1つの習慣!

わが子がスマホ依存にならぬよう絶対に実行すべき1つの習慣!

2015年頃からスマートフォンの普及により、私たちの生活は大きく変化しました。特に加減を知らない子供たちは際限なく遊び、睡眠時間を削ってSNSや動画サイト、ゲームに夢中に。いわゆる「スマホ依存」となり、学校の授業が眠気で聞けなくなる子供が現れるようになりました。そんな子供たちの体調は日常的に悪く、変な時間に睡魔が襲い、情緒も不安定に。もちろん成績はウナギ下がりです。
これまで指導現場で試行錯誤してきた結果、スマホ依存を治すために取り組むべきことはたった1つだと分かりました。今回は、スマホの魔力から子供たちを守るための1つの習慣についてご紹介したいと思います。

筆者:國立拓治(くにたて たくじ)
愛知県と兵庫県にて学習塾を経営。現場で20年以上子供たちの様子を見てきた塾講師。著書は「くにたて式中学勉強法」(大和出版)ほか。

スマホの恐ろしさを視覚化!

スマホには私たちの時間を奪う魔力があります。この魔力の大きさは他に比較できるものがありません。
昭和生まれの私の学生当時、勉強や睡眠を妨げていた誘惑は、ラジオ、マンガくらいでしょうか。携帯電話が普及しだしたのは大学を卒業する頃からでしたし、ゲーム機もポータブル機はモノクロの任天堂ゲームボーイぐらいでした。
時代と共にあらゆるものが進化していき、全ての機能がスマホ1台に収まるようになりました。
そんな全ての機能が牙をむいて子供たちを襲います。目には見えないスマホの恐ろしさを絵で表現するとこんな感じです。

目には見えないスマホの恐ろしさを絵で表現するとこんな感じ

誘惑だらけの環境で勉強しようとする子どもの様子です。もしもこの中で我が子が勉強をしていたら…こんな環境を作ってしまった親自身が悪いと感じませんか?

取り組むべきたった1つの習慣

私たちの時間を奪うスマホの魔力に飲まれぬよう、取り組むべきたった1つの習慣はこちらです。

『勉強時・就寝時はスマホをリビングの充電器に繋ぐ!』

物理的に制限をかけていきましょう。勉強場所と就寝場所にスマホを弾く結界を張るのです。
私自身も1年前から寝室にはスマホを持ち込まないことにし、この習慣を実践しています。動画投稿サイトは就寝時間を無視して強く魅了してきますし、ブルーライトは私の体内時計を狂わせて覚醒させます。そんな状況を改善すべく、私も就寝時にスマホをリビングの充電器に繋ぐようになりました。
これが効果てきめん。眠りは深くなり睡眠不足は解消され、日々の仕事にもキレが出ています。
分別のつく40歳半ばの私であっても物理的な制限をかけています。誘惑と戦うのではなく物理的な制限が一番だという結論に至ったのです。

たった1つ!ルールの死守を

ルール自体はシンプルで特別な装置もいりません

ルール自体はシンプルで特別な装置もいりません。

『勉強時・就寝時はスマホをリビングの充電器に繋ぐ!』

ぜひ、同じ制限をわが子にかけてあげてください。もしもこのルールが設定されていなければ、スマホの魔力に飲まれていてもいなくても、学年に関わらず新たに設定をしてあげてください。
「調べものがしたい」「寝るときに音楽が聴きたい」「アラームをかけないと起きられない」などと、子供たちは全力でこのルールの突破を試みてきます。

「リビングで家族のタブレットで調べなさい」「音楽プレイヤーをお小遣いで買いなさい」「目覚まし時計を買ってあげる」といった感じで、ルールの突破を阻止しましょう。
密室にスマホを持ち込ませぬよう、例外を認めずにルールを死守してください。
このルールが死守できたときには、お子さんには良い変化がすぐに訪れることでしょう。

以上、学習塾の指導現場から、全ての子供に共通して実践できる話題でお送りしました。

文:國立拓治

この記事が役に立った方はボタンクリックお願いします!
役に立った 6
ご感想ありがとうございます!
一言ボックス
記事のご感想や編集部へのご意見などをお送りください。
※ご返信が必要な場合は「声・感想を送る」よりお問合せください。
ご意見・ご感想ありがとうございます!

毎日の暮らしに寄り添う情報を選んで通知しませんか?
「きずなネットアプリ」では、お天気・防犯などの地域情報、子どもたちの学びや進路、子育てに役立つ情報を配信しています。

きずなネットの無料アプリ
記事を共有する
COE LOG

関連記事

皆さまからの声を募集しています

COE LOGは中部地方の皆さまと中部電力をつなぎます。
未来の私たちの暮らし、みんなで考えていきたいこと、どんどんご意見をお聴かせ下さい。

感想・声を送る