知らないと損する!親子で楽しむモリコロパーク穴場スポット

知らないと損する!親子で楽しむモリコロパーク穴場スポット

投稿日
更新日

愛・地球博記念公園(通称:モリコロパーク)は、2005年に開催された「愛・地球博」の跡地にできた県下最大級の公園です。190ヘクタール(東京ドーム40個分!)の広大な敷地内に、親子で楽しめるスポットが満載!イベントでしか行ったことがない、○○の施設しか使ったことがない…という人も。1日ではまわりきれない、遊びきれないほどの、モリコロパークの魅力をご紹介します。

親子で遊ぶ!児童総合センター

愛知県児童総合センター

愛知県児童総合センターは、「あそび」をテーマにした児童施設。見る、聞く、触る、感じる、考える、身体を動かすなど、全身の感覚をフルに使って「気づき」や「発見」を促す活動がおこなえます。中学生以下は無料、大人は300円で利用できます。

愛知県児童総合センターリーフレットより抜粋愛知県児童総合センターリーフレットより抜粋

2階建ての施設にはさまざまな体験ゾーン、ひろば、スタジオなどがあります。休日は家族連れでにぎわい、平日は遠足など団体の方にも利用されています。

子ども達は、楽しいことを見つける天才。好奇心をそそるさまざまな仕掛けに喜ぶこと間違いなしです。
そして、ここに来たらぜひ挑戦して欲しいのは、建物の中心に作られた「チャレンジタワー」。展望フロアへ続くらせん状のスロープに、光、風、音、色などたくさんの工夫が詰まっています。

愛知県児童総合センターのチャレンジタワー

上の展望台まで行くと、標高160m、360度のパノラマの景色が楽しめ、名古屋、瀬戸、天気がよければ御在所岳もみえますよ。

新型コロナウイルス感染症対策で利用できない場所やプログラムがあります

新型コロナウイルス感染症対策のため、利用できない場所やプログラムもあります。
混み合う際は、入場制限等をおこなう場合がありますので、あらかじめご了承ください。
詳細は、愛知県児童総合センターHPで確認してくださいね。

愛知県児童総合センター
愛知県児童総合センターは「あそび」をテーマにした県立大型児童館です。子どもと大人がともに、心と身体をフルに活用して遊ぶことで、新しい気づきが実感できる時間と空間を提供しています。新しい遊びの開発等の活動も行っています。

ゆったりくつろぐ!芝生広場

モリコロパークのランドマーク、大観覧車

モリコロパークのランドマークとなっている 大観覧車の東側に位置する芝生広場。ゆったり過ごすのにピッタリの広々としたスペースが広がっています。ベビーカーでお散歩するもよし、バトミントンをして遊ぶもよし、お弁当を持って食べても気持ちよさそうです。

芝生広場の横には、キリンやゾウもいます。上に乗って遊ぶことはできませんが、触るのはOK!迫力満点の大きさです。

自然体感遊具:森・水・風

市全体感遊具の入り口

芝生広場の横には、自然体感遊具の入り口。森のエリア・水のエリア・風のエリアの体感遊具を楽しめます。

●森のエリア

緑に包まれた静かな森の中に、まるで妖精が住んでいそうな木製のおうちが並んでいます。

自然体感遊具 森のエリア①

一つ一つの建物に、異なる仕掛けが用意されています。

木琴や虫の音色など、自然の中の優しい「音」を味わうことができますよ。

●水のエリア

自然体感遊具 水のエリア

水のエリアでは複数の噴水があり、森の中の水遊びを楽しめます。天気の良い日は多くの親子連れでにぎわう人気スポットです。(冬期は、噴水が止まります)

6歳~12歳の子どもが使える、大滑り台もあります。

●風のエリア

自然体感遊具 風のエリア

水のエリアの横にある、大型遊具 が「風のエリア」。ここは、6歳~12歳の子ども限定の遊び場です。登りごたえのある大型遊具なので、該当する年齢であれば、ぜひともチャレンジしてみてください。

音色も楽しみたい!モリコロの鐘

モリコロの鐘

西エントランス広場横、高台へ行くジグザグの散策道の通路に「モリコロの鐘」があります。モリコロパークができたのは2005年ですが、この鐘は2010年に新しく作られたものです。
軽く鳴らすだけで、想像以上に大きく高い音色が公園内に響きます。
こちらは意外と知らない人もいるスポット。園内の散策がてら、ぜひ足を運んで鐘を鳴らしてみてくださいね。

自然体験ができる!もりの学舎

もりの学舎

フィールドセンターもりの学舎(まなびや)は、愛知県の環境学習施設。自然体験や工作体験などを通じ、楽しみながら環境について学ぶことができます。

主に、休日に一般向けのプログラムを開催しています。また保育園・幼稚園・小学校・中学校の団体向けプログラムも行っています。
子ども向けの工作体験や森の散策などプログラムの詳細は、もりの学舎HPでご確認ください。

広い公園に、魅力がいっぱい!

公園内には、イベントがおこなわれる大芝生広場、真夏でも楽しめるアイススケート場、レンタル自転車でサイクリングが楽しめるサイクリングコース、大観覧車など。広い園内にたくさんの遊べるスポットがあります。

遊んだ後に立ち寄りたい、グルメスポット

遊んだ後に立ち寄りたいのはグルメスポット。モスバーガー、スガキヤ等のおなじみグルメスポットの他、カフェダイニングや茶室などもあります。
グルメスポットも、こちらから確認できますよ。

さらに、園内のあちこちで四季に合わせた花も咲いています。何度行っても、公園のいろいろな魅力を味わうことができますね。

最後に

公園はとても広いので、事前に目的地の場所、駐車場やバス停の場所をチェックしておくと安心です。

モリコロパーク園内マップパークマップ(PDF)

2022年秋には「ジブリパーク」も開業予定 で、期待も高まるモリコロパーク。すでに行ったことがある人も、初めての人も。ぜひ、魅力溢れる公園を味わい尽くしてくださいね。

参考:愛・地球博記念公園(モリコロパーク)公式HP

文:三輪田理恵

関連記事

皆さまからの声を募集しています

COE LOGは中部地方の皆さまと中部電力をつなぎます。
未来の私たちの暮らし、みんなで考えていきたいこと、どんどんご意見をお聴かせ下さい。

感想・声を送る