いつも以上に注意を!今すぐできる年末年始の「防犯」対策

いつも以上に注意を!今すぐできる年末年始の「防犯」対策

帰省や旅行で家を留守にすることが多い年末年始は、1年で最も空き巣やスリなどの被害が起こりやすい時期です。金融機関の休みも挟むため、多額の現金を下ろして手元に持つ機会も多い時期。今年はコロナ禍でいつもの年に比べて状況が異なるかもしれませんが、被害にあわないための警戒はいつだって必要です。帰省で長く家を空ける場合も、ステイホームの場合も、年末年始の防犯対策を見直しましょう。

空き巣に「狙われやすい家」は?

空き巣に「狙われやすい家」には、共通点がある?

空き巣に「狙われやすい家」には、共通点があるって知っていますか?空き巣は、誰にも見られることなく、サッと家に侵入しようと試みます。そして住人の行動パターンを観察し、犯行に及びます。下記に「狙われやすい家の共通点」と「防犯対策」をまとめました。

わが家の危険度をチェック

  • 塀や植木に囲まれていて、外から見えにくい
  • 窓の周りに足場となるものが置いてある(室外機、ガーデニング柵、庭木など)
  • 玄関マットや郵便ポストに合鍵を隠している
  • ゴミ出しの時に鍵を閉めないことがある

上記に当てはまる人は、防犯対策の見直しを。オートロックマンションでも油断は禁物です。少しの間でも家を空けるときは、ドアや窓を閉めるようにしましょう。

空き巣に狙われないポイントは?

「犯罪者が嫌がる環境づくり」が、犯行をあきらめさせるのに有効。犯罪者が心理的に嫌がるのは、「時間」「目」「音」「光」の4つだと、言われています。

  • 時間(侵入に時間がかかる)
  • 目(人目が気になる)
  • 音(ブザーやサイレンの音)
  • 光(人目にさらされる)

上記4ポイントを意識して、防犯対策を考えましょう。

取り入れたい防犯対策は?

  • 基本:どんな時でも鍵を閉める(勝手口・お風呂・トイレなどの鍵も施錠)
  • 基本:窓周りにある、侵入への足場をなくす
  • 時間:窓に「窓用の補助鍵」や「窓ガラス用の防犯フィルム」を貼る
  • 目:センサーライトを設置、ダミーの防犯カメラを設置する
  • 目:近所の人と顔見知りになって、不審者を分かるようにする
  • 音:歩くと音が鳴るように、家の周りに防犯砂利を敷く
  • 光:夜間に明かりをつける(玄関や庭先、室内などの電灯をつける)
  • その他:不在を知らせない(長期間留守にする時は郵便物や新聞の配達をストップ/外に洗濯物を干しておかない/旅行や帰省中にSNSで投稿しない)

スリやひったくり被害に注意を

年末年始に発生しやすいのが「スリやひったくり」

キャッシュレス化が進んでいますが、今も現金を持ち歩く機会は多いもの。年末が近づくと銀行でお年玉用に新札へ替えたり、ATMが一時休止する前に現金を引き出したり…。多額の現金を手元に持つことが増えるでしょう。この現金を狙って、年末年始に発生しやすいのが「スリやひったくり」。年末セールや初詣など、人でにぎわう場所に出かける時は、特に注意しましょう。

スリやひったくりの対策は?

  • カバンのファスナーを開けっぱなしにしない
  • バッグに貴重品をいれない。必要以上のモノを持たない
  • カバンは自分の前側に。ファスナーが閉まっているかを随時確認する
  • 大金を持ち歩く時は、バッグを斜めがけに。その上にコートを着る
  • 子どもの世話をして気が取られているとき、スリに気をつける
  • 歩いているとき、スマートフォンを操作しない

留守番のときのルールを再確認

「留守番ルール」は紙に書いてあげると、子どもにとって分かりやすいですね

年末年始は、パパもママも忙しいタイミング。小学生くらいの子どもがいる家庭では、子どもに「ちょっとお留守番」を頼む機会があるかもしれません。冬休みを迎える前に、子どもだけで留守番する時のお約束を確認しておきましょう。「留守番ルール」は紙に書いてあげると、子どもにとって分かりやすいですね。

子どもだけで留守番をする時のルール

  • 知らない人が来ても玄関を開けない(パパやママの友達と言っている人でもダメ/小さい子には宅配業者の人でも対応させない)
  • 家の電話には出ない or 知らない人からの電話に出ない
  • 家に誰もいなくても、「ただいま」と言って家に入るようにする(子どもだけで留守番をしていることを周囲に隠す)
  • マッチやライターなど火が出るモノは触らない

子どもが困った時に連絡ができるように、パパやママはもちろん、おじいちゃん・おばあちゃんの連絡先も書き残しておくようにしましょう。

子どものお出かけの約束を再確認

子どもだけで出かける時の危険性を知らせて、お出かけ時の約束を再確認しましょう

小学校中学年くらいになると、子ども同士で出かける機会が増えてくると思います。親としては子どもの成長を嬉しく思うものの、子ども同士で出かけて危険に巻き込まれないかが心配ですよね。日が短くなる冬休みは、友達と夢中になって遊んでいると、あっという間に外が暗くなってしまいます。子どもだけで出かける時の危険性を知らせて、お出かけ時の約束を再確認しましょう。

子ども同士のお出かけのルール

  • 親に、誰とどこに出かけるかを報告する
  • 知らない人に声をかけられても絶対についていかない
  • 暗くなる前に家に帰る(冬は午後5時頃に暗くなる)
  • ストーブやライターなどで火遊びをしない(火事の危険性)
  • 繁華街や裏通りなど「危険な場所」に近づかない
  • お年玉を無駄づかいしない

年末年始の防犯情報収集に!

家族みんなで安心・安全に年末年始を過ごし、気持ちよく2021年をスタートしたいですよね。「これくらいならいいかな?」の油断が、犯罪に巻き込まれるリスクに。防犯の注意ポイントを再確認し、地域の情報に対してアンテナを立てることも大切です。
地域情報がわかる「きずなネット」は毎日のくらしに 「安心」をプラスする無料の スマートフォンアプリ。中部電力が運営し、すでに約50万人 の方に使われています。

きずなネットの無料アプリ
無料で使えるきずなネットアプリでは連絡網の他にも、防犯・防災・お天気・地震・津波の情報や、子育て・学び・進路についての情報も受け取ることができます。

きずなネットの地域情報チャンネル

毎日の暮らしに安心をプラスするアプリも上手に活用してみてくださいね

防犯情報として、不審者・事件・事故等に関する情報のほか、停電・防災・気象・地震(津波)に関する情報も届きます。お住まいの地域はもちろん、お勤め先やよくお出かけする場所など複数の地域を登録することもできます。
毎日の暮らしに安心をプラスするアプリも上手に活用してみてくださいね。

文:林日向子

この記事が役に立った方はボタンクリックお願いします!
役に立った 0
ご感想ありがとうございます!
一言ボックス
記事のご感想や編集部へのご意見などをお送りください。
※ご返信が必要な場合は「声・感想を送る」よりお問合せください。
ご意見・ご感想ありがとうございます!
記事を共有する
COE LOG

関連記事

皆さまからの声を募集しています

COE LOGは中部地方の皆さまと中部電力をつなぎます。
未来の私たちの暮らし、みんなで考えていきたいこと、どんどんご意見をお聴かせ下さい。

感想・声を送る