優しい心をはぐくむ!子どもがいる家庭でも飼いやすいペットって?

優しい心をはぐくむ!子どもがいる家庭でも飼いやすいペットって?

投稿日
更新日

おうちで過ごす時間が増えている今、「ペットを飼いたい」という家庭も多いのでは?可愛いペットとの時間は、子どもの感受性を高めたり、癒し効果があったり、魅力もいっぱいです。ただ、ペットを家族に迎えるママにとっては、「飼いやすさ」が気になるところ。そこで、今回は犬猫以外の「癒し系ペット」をご紹介。子どもがいる家庭でも、飼いやすいペットを集めました。

不動の人気ペット!ウサギ

不動の人気をほこるウサギ!

ウサギは、大人になっても小型犬くらいの大きさ。ふわふわの毛と耳が可愛い、癒し系ペットです。声帯がないので、犬猫のように鳴かず、ぷぅぷぅ、ぐぅぐぅと鼻を鳴らして感情をだします。静かでおとなしいのが特徴で、アパートやマンションなどの室内でも、飼いやすいペットですね。有名なウサギと言えば、絵本「ピーターラビット」の主人公になった「ネザーランドドワーフ」という種類。ペットショップでよく見かけるのは、「ミニウサギ」という種類です。

ウサギと仲良くなるには、しっかりと時間をかけてコミュニケーションをとること。子どもがウサギを触る時は、そっと撫でるように注意してあげてください。ウサギは人になついてくると、家族の後ろを歩いたり、嬉しい時に飛び跳ねたり、かわいらしい仕草で甘えてきます。無表情なイメージもあるウサギですが、実は感情表現が豊かです。

ウサギは外で散歩をさせる必要がなく、決まった場所でトイレをする習慣があるのも、飼いやすいポイント。毎日きちんとお掃除してあげれば、比較的臭いも気にならないですよ。

ウサギの飼い主の声
飼い主の声

うちの子は、ツンデレでかなりの気分屋。美味しい食べ物が貰えそうなときは寄ってきてねだるけど、忙しくて1週間くらい遊び相手をしないと、もはや知らない人のように冷たくなります。気に入らないことがあって足ダンしたかと思えば、大好きな人の周りをくるくるまわることも。全身で感情表現をして、表情豊か、愛されることが大好きですよ。

飼いやすさが魅力!ハムスター

飼いやすさが魅力のハムスター

アニメ作品でもおなじみの「ハムスター」。懸命に回し車で遊ぶ姿や、食べ物を頬いっぱいに詰め込む姿に癒されます。体のサイズが小さいハムスターは、アパートやマンションなどの室内でも、飼育スペースを取りません。エサやりは、1日1回程度でOK!昼間はほとんど寝ていて、散歩はもちろん不要。体臭は比較的少なく、トイレの場所も覚えるので、お世話がしやすいですよ。そして鳴き声が気にならないことから、ペットNGの賃貸住宅でも飼育許可が出るケースがあるそうです。

知名度が高いハムスターは、ペットショップにてお手頃価格で買いやすいのも人気の理由。子どもがいる家庭におすすめのハムスターは、「ジャンガリアンハムスター」、「チャイニーズハムスター」。これらの種類は、おとなしい性格で人になつきやすいです。

小動物のハムスターは、ケージ飼いが基本。ですが、時々ケージから出して、手のひらに乗せたり、床を歩かせたり…とスキンシップを取ることも。お子さんも、ペット初心者にも飼いやすいですよ。

ハムスターの飼い主の声
飼い主の声

うちの子は、好奇心が旺盛でとても活発。小屋の入り口を空けるとすぐに出ようとして落っこちたり、空いている隙間に頭を突っ込んだり、小屋の天井の金網にぶら下がったり。その動きを見ているだけで愛おしくて、時間が経つのを忘れてしまいます。グレー、ホワイト、イエローなど、色んな種類・毛色の子がいて、どれも可愛いですよ。

人気急上昇のペット!ハリネズミ

人気急上昇中のハリネズミ!

人気急上昇中のペットと言えば、ハリネズミ。「幸運のシンボル」とヨーロッパで親しまれ、日本でも飼育する人が増えてきました。ハリネズミは実はモグラの仲間で、まるまるとした姿に愛嬌たっぷりの表情が魅力。ハリネズミとコミュニケーションを取るのに、最初は時間がかかります。ですが、ハリネズミは少しずつ人に慣れて、飼い主の匂いや声を覚えてくれます。飼い主の手のひらにコロンと乗って、名前を呼ばれて振り返るハリネズミ…。そんな姿をテレビやSNSで見て、可愛らしさにノックアウトされた人もいるでしょう。

ポピュラーな品種は、「ヨツユビハリネズミ(ピグミーヘッジホッグ)」。昼間は寝ていることが多いハリネズミは、一人でお留守番が得意だそう。共働きの家庭で留守にしがちでも、安心して飼育できますね。

ハリネズミのお腹にはふわふわの毛が生えていますが、背中には針のような毛が。背中のトゲトゲの毛は、怒った時には逆立ちますが、しばらくそっとしておくと元に戻ります。子どもが触る時にトゲトゲの毛が心配なママは、手袋をさせてから触らせるようにしましょう。

ハリネズミの飼い主の声
飼い主の声

ハリネズミの性格にもよるかもしれませんが、うちの子は、全然なついてくれません。飼い主にすり寄ってきたりせずに、ずっと1人で寝ているか散歩していて、我が道をいく感じ。それでも、とにかく本当に可愛い!小さく丸まっているなーと思ったら急に手足がニョキニョキっと生えてきます。ごはんを夢中で食べている姿がとにかく可愛いくて、たまらないです。

飼いやすいペットの定番!インコ

飼いやすいペットの定番!インコ

今も昔もペットとして人気の高い、インコ。飼いやすい鳥類ペットの代表格です。子ども時代に、インコを飼った経験のあるママもいるのでは?インコはカラフルな羽毛に包まれて見た目が愛らしく、人が話す言葉を真似できるのが特徴。実は犬猫と同じくらい、知能の高いペットです。

インコの鳴き声は比較的小さくて、室内での飼育スペースの確保も簡単。平均寿命は7~8年と言われていますが、さらに長生きするケースも。長い時間を一緒に過ごしたい人に、おすすめのペットです。

お子さんでもお世話をしやすいインコは、エサやりがラクな大人のセキセイインコ。長生きなのは、オカメインコ。どちらも人になつきやすく、ピーと甘えた声で鳴いたり、飼い主の手に乗ったりと、愛情表現が豊かです。コミュニケーションを上手に取るコツは、カゴに近づく時はゆっくりと、目を見ながら声をかけてあげることです。

インコの飼い主の声
飼い主の声

うちの子はオカメインコで、セキセイインコよりもひと周り大きい中型インコです。雛から餌づけして育てれば手乗りになります。甘えん坊で本当に可愛くて、おまけに頭が良いです!言葉や口笛も覚えますよ。

最後に

マンションやアパートで、犬や猫を飼うのがダメなとき。飼育に手間のかかるペットを、お世話する余裕がないとき…。今回、ご紹介したような「飼いやすいペット」はいかがですか?

「散歩がいらない」「飼育スペースを取らない」「鳴かない」など、飼いやすいペットの条件はそれぞれ。無理なく育てられるかを家族で話し合って、ペットを選ぶ参考にしてみてください。可能であれば、子どもにもペットのお世話の役割を与えて、家族みんなでペットと過ごす生活を楽しんでくださいね。

文:林日向子

関連記事

皆さまからの声を募集しています

COE LOGは中部地方の皆さまと中部電力をつなぎます。
未来の私たちの暮らし、みんなで考えていきたいこと、どんどんご意見をお聴かせ下さい。

感想・声を送る