HSPは人嫌い?繊細さんが上手に人とつきあう7つの方法

HSPは人嫌い?繊細さんが上手に人とつきあう7つの方法

最近よく耳にするHSP(エイチエスピー:Highly Sensitive Personの略)は、生まれつき繊細で敏感な人のことをさします。周りの気持ちにもすぐに反応してしまうため、他の人より疲れてしまうことも。これは、病気ではなくあくまで「気質」です。そんなHSPの人がストレスなく人とつきあうための方法をご紹介します。

HSPは本当に人嫌い?

HSPは人よりも感受性が強いため、学校や仕事、日常生活で生きづらさを感じてしまうことがあります

HSPは人よりも感受性が強いため、学校や仕事、日常生活で生きづらさを感じてしまうことがあります。これは、自分の気持ちよりも相手の気持ちを優先してしまうため、気を使いすぎて疲れてしまうことがあるからです。
HSPだから人嫌いになるというわけでなく、人との関わり方で人嫌いになってしまう可能性もあるということ。
病気ではなく個性なので「よい・悪い」の話ではありません。そして、大切なのはHSPであるなし関わらず、自分の性格や特性を知ること。そして、自分にとって心地よい人付き合いをすることがポイントになります。

HSPの人付き合いの特徴は?

HSPの名付けの親であるアーロン博士は、HSPには「DOES(ダズ)」という4つの特徴があるといっています。

  1. 物事の考え方が深い:Depth of processing
  2. 刺激に敏感である:Overstimulated
  3. 共感しやすい:Emotional reactivity and high Empathy
  4. 感覚が鋭い:Sensitivity to Subtleties

2、3個あてはまる・・・ではなく、4つすべて当てはまる人がHSPとされます。

これは、感情を司る脳の部位「扁桃体(へんとうたい)」の働きが、生まれつき強いことで起こるそう。刺激に敏感なことでさまざまな特徴がありますが、人付き合いにおいては、以下の特徴や傾向があらわれます。

  • 人の大勢集まる場所が苦手
  • 感受性が高いため、お世辞をすぐに見抜いてしまう
  • 浅い人間関係を好まず、1対1の対話を得意とする
  • 人に言われた些細な一言を、いつまでも気にしてしまう
  • 人に共感しやすく、自分のことのように喜んだり悲しんだりする
  • 仕草、目線、声色などに敏感で、相手の機嫌や気分、気持ちの変化にすぐ気づく

こうした傾向が当てはまる場合、まずは自分のそれに「気づく」ことが大切。そして、適切に対処することで、人付き合いもラクになります。

上手に付き合う7つの方法

HSPの人は、他の人よりも多くの刺激や情報を受け取ります。

HSPの人は、他の人よりも多くの刺激や情報を受け取ります。そのため、人付き合いにおいて疲れやすい傾向があります。心地よく人付き合いをするために、以下の点に気をつけるとよいでしょう。

一人の時間を大切にする

HSPの人は、人と一緒にいる時間が多いと、刺激が多く疲れてしまいます。あらかじめスケジュールを立てるときに、一人でゆっくりする時間を確保するようにしましょう。

周りの人に上手に頼る

HSPの人は、気にしすぎてしまうことで、周りに頼ったら迷惑をかけてしまう・・・と、一人で頑張ってしまう人も多い傾向。思い切ってまわりの人に頼ってみると、ラクになることもたくさんありますよ。

苦手な人と距離をとる

HSPの人は、共感力が高いことで、無意識のうちに人の影響を受けやすくなる傾向があります。他人との心の境界線が薄いため、相手の感情の変化に対して「私、何かしたかな?」と思って悩んでしまうことも。
もし、苦手と感じる人がいるのであれば、その心のセンサーをきっちりキャッチすること。心の防御反応が働いているからこそ感じる感覚なので、ムリに好きにならなくても大丈夫。自分が苦手と感じる人とはできるだけ距離をとりましょう。
また、他人は他人、自分は自分・・・と割り切る考え方を意識することも大切です。

HSPであることを周りに伝える

HSPの人は、まわりの人が難なくおこなうことに対して、ストレスを感じてしまうことがあります。
「私、HSPなんです」と伝えるよりも「音に敏感で疲れてしまうので、○○させてください」など。具体的に何に困っていて、どうして欲しいかを伝えることがポイントです。
相手がどう対処すればよいか明確にして、お互いが気持ちよく過ごせる環境を作っていきましょう。

不安なことを書き出して意識の外に出す

HSPの人は、刺激や情報に対するアンテナが高いことで頭の中が忙しくなり、疲れてしまうことがあります。
そんなときにおすすめなのは、不安なことや気になっていることを紙に書き出すこと。自分の外側に出すことで、情報を客観視できます。第三者目線で起きていることが見えると、気持ちが整理されてラクになることがありますよ。

1つずつ問題に取り組む

HSPの人はマルチタスクが苦手な傾向があります。仕事、家事などでは、一度に複数の問題に取り組まず、できるだけシングルタスクに。
ひとつずつ順番に取り組んだ方が力も発揮できます。やることを紙に書き出して上から順番に進める方法も効果的ですよ。

睡眠をしっかりとって休む

睡眠不足は、ストレスを大きくします。食事・運動・睡眠などで体調を整え、しっかり休息をとることで、心を強くすることができます。
HSPの人は特に、心身を健康に保つことも合わせて意識してみてください。

最後に

HSPの特性である、相手の気持ちに立てること、多くの情報をキャッチして物事を深く探究できることなどは、大きな強みになります

HSPの特性である、相手の気持ちに立てること、多くの情報をキャッチして物事を深く探究できることなどは、大きな強みになります。
その中で「人と上手く付き合えていない」「疲れてしまう」と感じる感覚が、人嫌いを招いてしまうことがあります。
そして、仮にHSPであってもなくても、自分の特性を知ることはとても大切。その上で、自分自身と上手く付き合うことが、よい人間関係をつくっていくことになりますよ。

文:三輪田理恵

「きずなネットアプリ」の「子育てチャンネル」では、ママのお悩みに寄り添った情報や、子育ての最新情報などを配信しています。そのほかにも、学び、進路サポート、防犯不審者情報など、たくさんのチャンネルからあなたに必要な情報を選んで通知しませんか?

きずなネットの無料アプリ
無料で使えるきずなネットアプリでは連絡網の他にも、防犯・防災・お天気・地震・津波の情報や、子育て・学び・進路についての情報も受け取ることができます。

この記事が役に立った方はボタンクリックお願いします!
役に立った 31
ご感想ありがとうございます!
一言ボックス
記事のご感想や編集部へのご意見などをお送りください。
※ご返信が必要な場合は「声・感想を送る」よりお問合せください。
ご意見・ご感想ありがとうございます!
記事を共有する
COE LOG

関連記事

皆さまからの声を募集しています

COE LOGは中部地方の皆さまと中部電力をつなぎます。
未来の私たちの暮らし、みんなで考えていきたいこと、どんどんご意見をお聴かせ下さい。

感想・声を送る