日焼けで後悔しない!シミや老け見えを防ぐ、紫外線対策6選

日焼けで後悔しない!シミや老け見えを防ぐ、紫外線対策6選

少しずつ日差しが気になる季節になってきました。日焼け対策は、「夏だけすればいい」「昼だけすればいい」と思っている人は要注意!紫外線は1年中、朝も夕方も降り注いでいます。特に日差しが強くなる5月~8月の間は紫外線の量が増えるため、日焼け対策は万全に。ケアを怠っていると、のちの後悔につながってしまいます。今回の記事で、日焼け対策をしっかりと確認しておきましょう。

監修医:鈴木 幹啓(すずき みきひろ)先生

監修医:鈴木 幹啓(すずき みきひろ)先生
日本小児科学会認定小児科専門医。日本小児感染症学会・日本小児アレルギー学会・日本小児呼吸器疾患学会・日本小児皮膚科学会 所属。34歳で和歌山県新宮市に「すずきこどもクリニック」を開院。心掛けていることは、患者ニーズを徹底的に追及する。患者様を不安にさせたまま帰宅させないこと。人口3万人弱の地方都市にも関わらず、日本一忙しい小児科医と称される。著書「日本一忙しい小児科医が教える~病気にならない子育て術~(双葉社)」三重県伊勢市出身。3児の父。

日焼けで将来、後悔するかも

今日は曇りだから…、室内にいるだけだし…、日焼け止めを塗らなくても大丈夫。そんな「まぁ、いいか」という気持ちでいると、思ってもみなかった日焼けダメージに

今日は曇りだから…、室内にいるだけだし…、日焼け止めを塗らなくても大丈夫。そんな「まぁ、いいか」という気持ちでいると、思ってもみなかった日焼けダメージに、あとあと後悔するかもしれません。紫外線によるメラニン色素は、代謝が落ちる30代以降はスムーズに排出されにくいため、シミを作り出しやすくなってしまいます。

実は老化は生理的な原因で進む割合が20%、紫外線ダメージによるものが80%と言われています。日焼けによるダメージは、5年後、10年後の肌トラブルを引き起こすもの。日焼けダメージが蓄積して、あなたの将来の肌に影響します。
以下の項目で、普段の行動に潜む日焼けリスクを見ていきましょう。

日焼けリスクをチェック

  • □ 日焼け止めを塗るのは晴れた日だけ
  • □ 家にいる時は、日焼け止めを塗らない
  • □ 標高が高い場所で過ごす時間が多い(タワーマンションやオフィスビルも含む)
  • □ 日焼け止めを塗るのは、外出する直前だ
  • □ マスクをしている時は、日焼け止めは塗らない
  • □ 朝日や夕日を浴びるくらいなら、日焼け止めは塗らない
  • □ 日焼け止めの塗り直しを行わない
  • □ 朝シャンプーをしてから外出する
  • □ ピーリングをよくする

項目に多く当てはまる人は、うっかり日焼けをしてしまっているかも。下記では、日焼けを防ぐ生活習慣や日焼けを防ぐ対策を6つご紹介します。

室内・曇り・日陰でも日焼け止め

「家にいるから日焼けしない」というのは、大間違い。室内や曇りの日、日陰であっても、日焼けはじわじわとやってきます。
気になる紫外線ですが、波長の長さから、「UV-A」「UV-B」「UV-C」に分けられます。そのうち、地表に降り注ぐのは「UV-A」「UV-B」の2つ。生活紫外線とも呼ばれる「UV-A」は長く浴び続けると、肌の奥(真皮層)へダメージが蓄積。コラーゲンが破壊されてシワやタルミの原因に。
曇りの日でも室内でも日焼けするのは、「UV-A」が雲や窓ガラスも透過してしまうからです。
レジャー紫外線とも呼ばれる「UV-B」は、肌表面への影響が大きい紫外線。紫外線の量は「UV-A」より少ないものの、日焼けによる炎症、シミソバカスの原因になってしまいます。

日焼け止めで目にする「SPF」は、「UV-B」を防ぐ指標。「PA」は、「UV-A」を防ぐ指標になります。日焼け止め選びは室内で過ごすだけなら、SPF15/PA++を目安に。屋外で過ごす時間が多い場合は、SPF30~50+/PA++++にするとよいでしょう。
室内の日焼け対策は、UVカットカーテンや窓にUVカットフィルムも効果です。
コロナ禍ですっかりと定着したマスクですが、日焼けケアに期待できるのはUVカット効果のあるマスクだけ。また、マスクで覆われていない目の周りの皮膚は薄く、おでこ・頬骨の位置は高いので紫外線ダメージを受けやすくなります。「マスクをしていれば日焼けはしない」と、油断するのは禁物です。

角質を取りすぎない

美肌のためにピーリングやあかすりをおこなっている人は、特に注意を。ピーリング前に日焼けをすると、炎症を起こしている部分の肌の細胞をさらに傷つけてしまいます。
そして、ピーリング後は、紫外線のダメージを受けやすい状態。日焼け対策を怠ると、炎症を起こしたり、シミができたりしてしまいますよ。

日焼け止めは、こまめに塗り直し

日焼け止めは、汗や摩擦で落ちてしまいます。また日焼け止めに含まれる紫外線吸収剤は、紫外線を一定量吸収すると効果が落ちてしまいます。
朝塗ったからといって、塗り直さないでいると、日焼け止め効果は薄れてしまいます。日焼け止めは2~3時間ごとの塗り直しをおすすめします。

目の日焼けを防ぐ対策

目に紫外線が入ると、脳が強い日差しを判断してメラニンを生成。その結果、目からの紫外線でも肌が日焼けしてしまうといわれています

目に紫外線が入ると、脳が強い日差しを判断してメラニンを生成。その結果、目からの紫外線でも肌が日焼けしてしまうといわれています。
正午など、日差しが強くなる時間帯は、日焼け対策にUVカット機能付きのサングラスをかけるようにしましょう。

サングラスのレンズの色は、濃い方がよいと思うかもしれません。ですが、実は色が濃いと目の瞳孔が開いて、紫外線が目に入りやすくなるリスクも。サングラスはレンズの色ではなく、UVカット率から選びましょう。
また目からの日焼けを気にせずにいると、シミやソバカス、ドライアイや白内障を引き起こすこともあるため注意が必要です。

唇の日焼けを防ぐ対策

実は唇が赤いのは、血管量によるもの。赤色の唇は、血行がよい証拠です。日焼け対策を怠っていると、唇が乾燥してガサガサに。唇がたるみ、シワが目立ってしまいます。
食事や会話でリップは落ちやすいので、‎UVカットリップクリームをこまめに塗り直しましょう。日焼けでダメージを受けてしまうと、唇の色がくすみ、老けて見えてしまいますよ。

髪の日焼けを防ぐ対策

髪は、うっかり日焼けをしやすい部位。日焼けダメージでキューティクルが剥がれたり、頭皮が乾燥してフケが出たり。薄毛や白髪の原因にもなりかねません。
日焼け対策としては、帽子・日傘・髪用の日焼け止めスプレーなどがおすすめ。帽子のツバの紫外線のカット率は、3cmで約35%、7cmで約60%、10cmで約70%。白よりも、黒やネイビー色が日焼けをしにくくすると言われています。
また、頭皮の脂は、シャンプーなどで髪を洗った後、数時間後に通常の分泌量に戻ります。頭皮を保護してくれる脂が少ない状態で外出をしてしまうと、紫外線のダメージを受けやすくなることに。
そのため、髪の毛を洗うのは朝ではなく、夜の方がよいでしょう。

最後に

屋外・室内を問わず、日焼け対策は必要ですね。日焼け対策を怠っていると、年齢を重ねるにつれて、肌トラブルに悩まされることになりかねません。

屋外・室内を問わず、日焼け対策は必要ですね。日焼け対策を怠っていると、年齢を重ねるにつれて、肌トラブルに悩まされることになりかねません。
将来、後悔しないように、日焼けに気をつけていきましょう。今回の記事を参考に、夏はもちろん、年間を通じて日焼け対策をしてくださいね。

文:林 日向子

この記事が役に立った方はボタンクリックお願いします!
役に立った 6
ご感想ありがとうございます!
一言ボックス
記事のご感想や編集部へのご意見などをお送りください。
※ご返信が必要な場合は「声・感想を送る」よりお問合せください。
ご意見・ご感想ありがとうございます!

毎日の暮らしに寄り添う情報を選んで通知しませんか?
「きずなネットアプリ」では、お天気・防犯などの地域情報、子どもたちの学びや進路、子育てに役立つ情報を配信しています。

きずなネットの無料アプリ
記事を共有する
COE LOG

関連記事

皆さまからの声を募集しています

COE LOGは中部地方の皆さまと中部電力をつなぎます。
未来の私たちの暮らし、みんなで考えていきたいこと、どんどんご意見をお聴かせ下さい。

感想・声を送る